このエントリーをはてなブックマークに追加

歴代グランプリ受賞者

第5回大会レポート

2014年8月3日(日)  シンメトリー・ジャパンは、東京・中央区新川の内田洋行本社ビル内にあるユビキタス協創広場 CANVASにおいて、「教育」、「エンターテインメント」、「啓発」をあわせ持つ講師を決定する年一回のビッグイベント「E-1グランプリ」を開催しました。
公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/e1gpx

会場には、過去のグランプリの参加者やスキルアップの専門家や執筆者のほか、マネーの知識や講師としてのスキルを身につけたいというオーディエンスが集まりました。本選では、書類選考で選ばれた5名の出場者(各出場者の持ち時間13分間)のセミナー内容について評価を行い、審査員(30点)、有識者による特別席(5点)、オーディエンス(1点)の持ち点による投票の総合得点より、グランプリの優勝者、準優勝者が選出されました。

総合司会は、昨年の第4回E-1グランプリ優勝者国分さやか氏と、E-1グランプリ主宰のシンメトリージャパン代表の木田知廣氏の両名でイベントを盛り上げました。また、今年のE-1グランプリは動画映像が加わり、会場にいる全ての人が魅了する演出となりました

E-1グランプリ主催 シンメトリージャパン代表 木田知廣氏 総合司会 第4回E-1グランプリ優勝 ファイナンシャルプランナー 国分さやか氏

審査委員の豪華な顔ぶれ

第5回となる今大会は「税」をテーマに各方面からのプロフェッショナル5名が審査員として登場しました。審査員からの講評だけでなく、観客からのフィードバックさえも直に出場者に伝わるイベントはE-1グランプリしかなく、今後出場を検討する人、また講師を目指そうとする人にとっても素晴らしい学習の場となりました。

2014年E-1グランプリ講評

そのハイレベルな戦いで総合優勝したのが、税理士藤尾智之氏でした。

タイトル:「悩むなら使ってしまおうあなたの財産~節税対策もほどほどに~」

藤尾智之氏

藤尾氏のプレゼンは税理士らしく「お金」と「節税」の関係についてのお話でした。相続税率が上がる5ヶ月後に大増税時代に突入することに触れて、節税の話を説明する流れかと誰もが思っていたことでしょう。ところが藤尾氏は、面倒くさい節税をするくらいなら、もっと人の心を豊かにする使い方があるということを説得力のある伝え方で聴衆の興味をグッと掴んだようです。内容、パワポの使い方、態度・振る舞い等全てにおいて高得点の評価を得ていました。

藤尾智之氏

E-1優勝後の藤尾氏インタビューより

「全く予想もつかなかったことで本当に驚いています。まだまだ、皆さんに伝えきれなかったこともありましたが、この賞をいただいたことを励みにこれからも精進していきたいと思います。ありがとうございました。

準優勝はフィナンシャルプランナーの加藤梨里氏が受賞しました。

タイトル:「不健康が増税を招く!世界一おもしろい税金のはなし」

加藤梨里氏

審査員の意見は優勝の藤尾氏と加藤氏で割れました。とにかく僅差の準優勝だったことになります。加藤氏は料理に大変明るく料理と健康の関係、そして健康とお金の関係を題材にした大変興味深いプレゼンを披露しました。肥満を例に、不健康によって税金が投入されると将来の増税に繋がり、最後には健康と経済へのダブルパンチになると聴衆者に説きました。パフォーマンス、内容全てが高評点でした。

E-1準優勝受賞後の加藤氏インタビューより

「ここでのプレゼンが評価していただけたのがすごく嬉しいですね。これを機に健康とお金の関係について、みんなに伝えていきたいと思います。ありがとうございました。」

そして、残念ながら入賞は逃したものの、他3名のプレゼンターも非常に興味深い内容で審査員や観客に"学び"を与えてくれました。

荒木大志氏

匠投信投資アドバイザーの荒木大志氏は、自身の体験に基づいた「資産運用は必要か?」を披露していただきました。自身が資産の運用をすることで、どれだけ効果的で健康的な生活を送れるかを力説。聴衆者の多くから共感を得ていました。

高橋忠寛氏

フィナンシャルプランナーの高橋忠寛氏は、「NISAをきっかけに投資について考える」を題材にしたプレゼンでした。人々が勘違いしやすい投資と投機との違いを明確にしてNISAという新時代投資手法にどう考え、どう取り扱っていくかを熱く聴衆に語りかけました。彼の甘いマスクと相まって聴衆者の目線を釘付けにしたのは言うまでもありません。

オフィスMIE代表のフィナンシャルプランナー伊藤美恵氏は、今回E-1育成枠から出場した唯一のメンバーでした。会場には一緒に育成枠で闘った会計士白井氏や漫画家FP大滝氏が会場にかけつけ、大滝氏自身が描いたマンガを横断幕に伊藤氏を応援していました。プレゼンは「~大増税時代!知らない人は損する~ 節税のための年金対策」で、確定拠出年金を使うことで節税が可能であるということを自身の経験を通じて聴衆者に語ってくれた。

伊藤美恵氏

スペシャルイベント:伝える技術を多くの人に

「講師の枠をもっと広げたい!」そんな主催者の願いから、社会貢献の一貫として身体に障害を持ったどなたでもE-1に挑戦できる特別枠を設けることになりました。今回はUD(ユニバーサルデザイン)コーディネーターとして活躍する視覚障害をもった高橋純也氏がこの特別枠よりE-1に挑戦していただきました。
本人談:とにかく緊張して、まだまだ自分の技術を磨く必要がありましたが、自分が伝えたい内容を多くの人に理解してもらうため、これからも訓練していきたいと思います。

集合写真

大会終了後には、5名の出場者はお互いの健闘を讃えあって、今後の自身の更なる成長をライバルに誓いました。「これで終わりではなく、ここからがスタート。」

集合写真

出場した5名には今後の更なる活躍を期待したいと思います。第5回E-1グランプリは、多くの聴衆者とファンに支えられて閉幕しました。来年の第6回については今大会以上のレベルが期待されますが、そこで怖じけず立ち向かってきていただきたいと思います。