このエントリーをはてなブックマークに追加

E-1グランプリとは

E-1グランプリのルール

講師のセミナーコンテストE-1グランプリのルールを下記に説明します。ルールの背後にある主催者の想いはE-1グランプリ物語をご覧下さい。

実技

出場者一人当たりの持ち時間を13分間 20分間とし、テーマに沿ったセッションを展開していただきます。配付資料は、A4用紙1枚まで、表裏可、白黒印刷とします

※第1回大会から第3回大会のプレゼン時間は20分間でしたが、第4回はより凝縮したセッションを実施していただくために13分間に短縮しています。

グランプリの決定

【グランプリの決定】

  • グランプリは、審査員、特別席、聴衆からの投票により決定されます。得票数が最も多かった人がグランプリ、二番目に多かった人が準グランプリです
  • 得票数が同点で複数人が並んだ時は、聴衆からの得票数が多かった方を上位とします
  • 聴衆からの得票数も同数で並んだ場合には、主催者が最終決定します

【投票ポイント】

  • 投票はポイント制とし、一人当たりの持ちポイントは審査員が一番多く持ち、以下、特別席、聴衆の順になります
  • 配点のバランスは遅くともイベント開始時には主催者から発表されます

【特別席 (メンター)】

  • 特別席は、マネーの知識を分かりやすく・面白く伝える活動をされている方を主催者が招待する制度です

【得票数の開示】

  • 出場者がそれぞれ何点獲得したかは、出場者本人に開示されます
  • あわせて、出場者へのコメントも本人に開示されます
  • 会場において得票数を公開するのはグランプリ者、準グランプリ者、次点(第3位)のみです
  • 会場において開示する場合は、内訳(審査員から何ポイント、特別席から何ポイント、聴衆から何ポイント)も開示します

【採点基準の開示】